ブログトップ

kuwai+2

kuwai1222.exblog.jp

第七回 幸せコース

先日のむそう塾!
この季節においしい「煮物」について、教えていただきました。
d0166633_17405984.jpg












大根の桂剥きからはじまり、前回は栗。今回は里芋の皮むき。
私にとってはやはり難しく、鎌倉彫に・・・・。
皮むきひとつが、こんなにも難しく、包丁をきちんと研げるかにつながる。お料理って深いです。

お鍋の中でコトコト煮込んでいる間、他のことをしていても、きちんとお鍋を氣にかける。氣にかけながら、お鍋をのぞく楽しさ。
授業中はバタバタもしましたが、今回の実習で改めてお料理の楽しさを感じました。

これから、時間に余裕もできるのでしっかり食べ物と向き合って、お料理を楽しみたいなぁ。



今回、「ありきたりの幸せ」について、美風さんの経験されてきたお話から始まり、それぞれが「ありきたりの幸せ」について話しました。

私にとっての「ありきたりの幸せ」ってなんだろうと考えていると、いろんなことが浮かんできた。
結婚。出産。仕事。

女性で生まれてきたのだから、可能であれば結婚もしてみたいし、子供も産めるなら産んでみたい。
特に最近両親は、結婚について心配しているみたいだし。だからって今すぐ結婚できるわけではないけれど、結婚したいと思うなら、結婚できるように頑張ってみることは大切だなぁと改めて思った。
まぁ、このことはこれから経験したい幸せであって、今の私が感じている幸せではないから置いといて。

そんな中で、今の私が大切にしたい「ありきたりの幸せ」って、大切な人たちと心を込めてつくったご飯を美味しいねぇーって言って、一緒に食卓が囲める。そんな幸せを大切にしたいと思う。
家族や友人、気の知れた人たちと囲む食卓を大切にしたい。

このように月に1度各地から京都へ集まって、お料理を作って、それぞれの感じていることをはなし、一緒に時間を共有できるって本当に幸せなことです。中川さん、美風さん、土Cの皆さん本当にありがとうございます。

私にとって、マクロビオティックと出会ってたくさんの「つながり」ができました。
これからも、この「つながり」を大切にしながら、目の前にある「幸せ」を大切に日々過ごしていきたいと思った座学でした。
[PR]
by kuwai1222 | 2010-11-26 19:00 | むそう塾
<< 家族旅行 新しい一歩 >>